衆議院議員・いなつ久のウェブサイト.

一番働く!地域のために。北海道10区 いなつ久(稲津久)
いなつ久(稲津久)
前の写真 次の写真
一番働く!地域のために。北海道10区 いなつ久(稲津久)
一番働く!地域のために。

最新の活動報告

東日本大震災から10年
2021年03月11日

犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げます。 また、被災されたすべての方にお見舞い申し上げます。 これからも「大衆とともに」との立党精神のもと、防災・減災・復興を政治、社会の主流にと掲げ、地域の防災力の強化や心の復興に全力を尽くしていきます。

[ 本文を読む ]
全国ワクチン接種対策本部をオンラインで開催
2021年03月08日

道内でも全議員による各自治体へワクチン接種に関する意向調査を実施しました。 的確な情報を早く発信して欲しいなど、寄せられた声は政府へしっかりと届けて参ります。

[YouTubeで動画を見る]
営農再建へ被害を調査
2021年03月07日

大雪による農業用ビニールハウスの倒壊が相次いでいます。 写真は重機用倉庫が倒壊した美唄市内の様子です。 災害で離農せざるを得ない状況を作らぬよう、全力で支援に取り組みます。

[ 本文を読む ]
新型コロナウイルスワクチン接種対策本部設置
2021年01月26日

党内に対策本部が設置され関係省庁から接種体制等についてヒアリングを実施。 現在ファイザー社から1.44億回分、アストラゼネカ社から1.2億回分、モデルナ社から5千万回の供給契約を締結。 J&J社も国内治験中です。皆さまが一日でも早く安全・安心に接種できるよう尽力します。

[ 本文を読む ]
コロナ治療薬「レムデシビル」
2021年01月17日

レムデシビルは厚労副大臣だった昨年5月にコロナウイルス感染症の国内初の治療薬として特例承認されました。 命が救われ、苦しむ患者が少しでも早く回復できるよう期待しています。

[ 本文を読む ]
新型コロナウイルスワクチンの臨床試験の有効性が発表されました
2020年11月10日

製薬会社ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチンの予防効果が90%を超えるとの臨床試験の有効性を発表。 日本には6,000万人分のワクチンが供給される予定です。 厚労副大臣時代から携わってきましたが、皆さまのお手元に届くまで力を尽くします。

[ 本文を読む ]
女性用トラクター
2020年10月21日

岩見沢市内のヰセキ北海道を訪問。 たくさん並ぶ農業機械の中で一番目立つのが女性用トラクター。 体型に合わせてコンパクトでかわいいカラーの車体には随所に工夫が施されています。 この分野での女性の活躍に一翼を担います。

[ 本文を読む ]
早期の工事完成を約束。
2020年10月12日

赤羽国交大臣と共に空知・留萌地域を視察。 難所工区を抱える旭川~芦別市を結ぶ国道452号線。 悪天候で波が防壁を超えて道路に浸水する留萌市と稚内市を結ぶ国道232号線等を視察。 いずれも救急搬送時や災害時に道民の命を守り、生活を守るための重要路線です。

[ 本文を読む ]

INATSU VISION いなつ久の挑戦

大胆に前進!
~ほっかいどう・そらち・るもいの未来あした
いなつ久の挑戦

そらち・るもいグリーンバレー構想

5G技術を活用した“進化したスマート農業”を構築します
新技術で地域の「ブランド化」「高付加価値化」を推進します
農作物の効率的な輸送を可能とする道路網を整備します

観光先進地域 そらち・るもいを目指して

「空知・留萌観光サミット(仮称)」を開催し、点在する観光資源を網羅した周遊型観光を発信します。
サイクル・スイーツ・ワイン・日本酒などを生かした「ツーリズム」を振興します

空知に新幹線新駅設置を目指します

北海道新幹線を旭川まで延伸、空知地域に新駅設置を目指します
鉄道・高規格道路網・航空路線網の総合的整備で北海道を活性化します

女性と若者が輝く北海道へ

女性が働きやすい環境整備をさらに進めます
若者の就労を支援。就職氷河期世代へのサポートを推進します

感染対策の司令塔の設立を目指します

北海道疾病センター(北海道版CDC)を設立します
感染対策の情報集積や専門的な知見を生かした対策を実施します


北海道10区
北海道10区