各地でのイベント・春まつりに参加

各地でイベントや春まつりが盛んに開催されています。

18日、「芦別林産フェスティバル元気森森まつり」が道の駅スタープラザ芦別で開催されました。森林・林業・木材業の皆さんが主催し、森林の持つ公益性や経済に果たす影響を知って頂くことができる人気のイベントです。毎年、市内外から多くの方々が来られます。私もイベントの冒頭でご挨拶をさせていただきました。

19日は滝川市で「たきかわ菜の花まつり」、砂川市で「すながわ緑と花の祭典」が開催され、沢山の家族連れで賑わっていました。アルテピアッツァ美唄では、犬・猫の殺処分ゼロを目指す保護ハウス「さばいでぃ」を運営する皆さん達が主催する猫の写真展があり、参加させて頂きました。




カテゴリー: その他, イベント, 道内 | コメントする

国有林野管理経営法を審議

連日にわたり、衆議院農林水産委員会で国有林野管理経営法改正案の質疑に立っています。14日は参考人質疑、15日は川上・川中・川下の事業者連携の強化支援を政府に求めました。16日には採決が行われ、今後は参議院での審議が始まります。本法の早期成立が望まれます。


カテゴリー: その他, 委員会, 質疑 | コメントする

農林水産委員会で質問

衆議院農水委員会で質問に立ちました。

8日は、農福連携の現場で就労継続支援B型職業指導員に農協OBや農業者が配置されるべきと訴えました。また北海道で養殖ホタテ貝が大量死した問題に関して、要因解明の調査を求めるのともに、海洋観測機器整備・ICT技術監視機器の導入支援を求めました。政府側からいずれも前向きな答弁を頂きました。

9日は、国有林野管理経営法改正案の質疑が行われました。樹木採取権の存続期間、広葉樹の植栽推進について等の質問をしました。伐期を迎える国有林からの安定的な木材の供給を図るため、法改正が必要です。

カテゴリー: その他, 委員会 | コメントする

札幌駅前で街頭演説

5月2日、新元号「令和」に入って初めての街頭演説会を札幌駅前で開催しました。

3日の憲法記念日を前に、日本国憲法の意義や改正に対する考え方、また人口減少と少子高齢化社会に対応した全世代型社会保障制度の構築に対する公明党の取り組みについてお話しをしました。

10連休のゴールデンウィークは、ご挨拶まわり等で地元北海道を忙しく動きまわっていました。

連休前半は新十津川・雨竜・北竜・沼田・妹背牛の農業者の方々を訪問しご挨拶をさせていただきました。苗づくりや田おこしで忙しい時期にも関わらず、対応して下さいました。ありがとうございました。


カテゴリー: その他, 演説, 視察 | コメントする

本会議質問 国産材の利用促進を強調

25日の本会議で国有林野管理経営法改正案が審議入りし、与党を代表して質問に立ちました。

同法案は民有林木材の供給不足を補うため、林業経営者に一定期間、国有林の樹木伐採を認めるもので、木材の安定供給を進め、林業の成長産業化を支えるのが狙いです。

質問の中で、林業活性化に向けて国産材の利用促進と輸出拡大の重要性を強調しました。

今後始まる委員会質疑でも活発に議論して参ります。

カテゴリー: その他, 代表質問, 質疑 | コメントする