”オンラインまちの赤ちゃん保健室プロジェクト”から要望受け入れ

オンラインを活用した子育て支援に取り組む団体「オンラインまちの赤ちゃん保健室プロジェクト」の皆さんから、事業活動への支援を求める要望を受けました。

新型コロナウイルス感染拡大で、乳児検診などが休止になる中で、孤立する妊産婦や育児初期の方が多いとして、オンラインでの個別相談が必要であり、同団体は助産師や保健師の協力を得て、独自に活動を展開しています。オンラインを活用した相談事業の取り組みが拡大されるよう支援して参ります。

カテゴリー: その他, 要望 パーマリンク

コメントを残す