衆議院予算委員会分科会にて質問

27日、衆議院予算委員会分科会が開かれ、質問に立ちました。

第3分科会では、北方領土問題について質問しました。日露首脳による平和条約交渉に向け、1956年の日ソ協同宣言を交渉の基礎とする理由を質問するとともに、北方四島から北海道の医療機関を受診するロシア住民への支援強化を河野外務大臣に求めました。第8分科会では、石井国土交通大臣に対して、国道231・232号の強靭化対策とJR北海道の経営支援を求めました。

カテゴリー: その他, 委員会 パーマリンク

コメントを残す