「海洋ごみの処理推進を求める提言」を提出しました。

2017.5.18
党の海ごみ対策推進委員会と環境部会で、山本環境大臣・石井国交大臣に「海洋ごみの処理推進を求める提言」を提出しました。

プラスチックごみによる海洋汚染が懸念されていることを踏まえ、これまで自治体や専門家などからヒアリングを重ね、提言を取りまとめました。

プラスチックの過剰な消費構造を改める環境教育や啓発活動を国が進めるよう要望するとともに、特に深刻な5ミリ以下のかけらとなって漂流するマイクロプラスチック問題について、洗顔料や歯磨き粉に使われるマイクロビーズの使用規制などを挙げました。

また、ごみの多くが河川を経由して海域に流出している現状を踏まえ、河川ごみ回収・処理に関わる財政支援や、ごみ回収・処理を行う責任が河川管理者にあることを明確化するよう求めました。


カテゴリー: その他, 提言 パーマリンク

コメントを残す