衆議院予算委員会一般質疑で、海洋ごみ問題とJR北海道の経営問題について質問しました。

2017.2.6
6日、衆議院予算委員会一般質疑で、海洋ごみ問題とJR北海道の経営問題について質問しました。

日本の海岸に漂着するごみは、年間数十万トンにも上ると言われ、目には見えないほど小さく砕けたプラスチック粒子が水産資源や海洋生態系の保全に大きな影響を及ぼしていることが大きな問題となっています。

対策として自治体支援の強化を訴えるとともに、近隣国との連携・国際的な取り組みが必要だと強調しました。

利用者の減少や災害復旧費の増加などで経営が悪化しているJR北海道については、国からの支援を訴え、政府側より「持続可能な交通体系の構築に向けた対応を検討する」と答弁がありました。

yosa01
yosa02

カテゴリー: その他, 質疑 パーマリンク

コメントを残す