大雨被害を受けた氾濫地区を調査

2016.8.27
先日の台風による大雨で被害を受けた北海道深川市納内町地区の石狩川の氾濫地区に調査に入りました。堤防の無い地区ですが、河川敷が自然の遊水地の役割を果たしています。農地としての利用もあり、複合的な視点に立った安全性の強化が必要です。

松本市議はじめ関係者の皆さんにお世話になりました。

また、8月1日の豪雨で大きな農業被害を受けた、北海道苫前町の古丹別川流域・東川地区に2度目の訪問をしました。

被災を受けた農家の皆様に心からのお見舞いを申し上げますと共に、河川の現行の改修と合わせて、新たな強化策を講じるようお約束をしました。町長・JA組合長はじめお集まり頂いた皆様に感謝申し上げます。

kotanbetu01
fukagawa02
fukagawa03

カテゴリー: その他, 視察 パーマリンク

コメントを残す