料理家・管理栄養士の小山浩子先生をお迎えして、「乳和食」についての講演を行なっていただきました。

2015.11.20
料理家・管理栄養士の小山浩子先生をお迎えして、牛乳を活かした和食「乳和食」についての講演を行なっていただきました。

和食は栄養バランスに優れ、健康的な食事と考えられていますが、唯一の欠点が塩分の過剰摂取。乳和食は、味噌や醤油などの調味料に牛乳を組み合わせることで、牛乳の旨み成分・コクを活かし、おいしく減塩することができる調理方法です。高血圧予防に効果があり、バランスのとれた健康的な食事になります。

講演の中で、牛乳1本分を使った「乳和食弁当」をいただきました。塩分はわずか1.8g、牛乳の臭みは全くなく、とても美味しくいただきました。

学校給食や病院だけでなく家庭でも乳和食が広がるよう応援したいと思います。

wasyoku01
wasyoku02
wasyoku03

カテゴリー: その他, イベント パーマリンク

コメントを残す