農林水産委員会で閉会中審査が行われ、質問を行いました。

2015.1.14
昨日、農林水産委員会で閉会中審査が行われ、来年度の加工原料乳生産者補給金と新マルキン事業の拡充を求める質問を行いました。

輸入飼料の高騰による生産コストの増加や、近年の電気料金の度重なる引き上げなどを要因に、生産者はこれまでにない厳しい経営を強いられています。

酪農家の減少に歯止めがかかっていない現状に触れ、今後の具体策をただすとともに、バターなど乳製品の原料となる生乳を販売した生産者に交付する加工原料乳生産者補給金について、「特に単価については最低でも現状維持しなければ現場は大混乱する」と指摘し、適正な単価を設定するよう主張しました。

さらに粗収益と生産費の差額の8割を補てんする新マルキン事業についても、厳しい経営環境を強調し、拡充を訴えました。

対策強化の実現に向けて取り組んでいきます。

20150113nourin

カテゴリー: 委員会, 質疑, 農業 パーマリンク

コメントを残す