衆議院農林水産委員会にて、質疑を行いました。

2014.10.22
22日、衆議院農林水産委員会にて、26年産米対策と日豪EPAについて質疑を行いました。

収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)の補填対象の拡大について伺うとともに、9割の農業者の方々に年内交付をしている米の直接支払交付金の前倒し支給を求めました。

西川農林水産大臣からは、十分議論をした上で判断したいとの答弁をいただきました。

日豪EPAについて、国内での需要が高まっているシュレッドチーズの国産品使用要件変更による影響について伺うとともに、今後のチーズ生産拡大の方策について質問しました。

西川大臣は、チーズ向けの生乳を加工原料乳生産量補助金の対象としたことに触れ、「これからも国産チーズの振興を図っていく」と答弁しました。

20141022_nousuisitugi

カテゴリー: 委員会, 質疑, 農業 パーマリンク

コメントを残す